妊娠による肉割れは治らない!治すでなく消したいからケアをする

妊娠による肉割れは一度できたら治らない症状でもあります。

内側の皮膚が張り裂ける症状ですが、新しく作られない真皮が切れます。そのため、完全に治すことはできません。ただ、多くの人は消したいのでケアをしています。

肉割れはからだへの影響はなく、何本もの赤い線や白い線が残ってしまう、見た目状の問題です。

そのため、治すのではなく、薄くして目立たなくなれば問題がない症状でもあるのですね。

なぜ妊娠による肉割れは治らないのか?また、消したいのであれば、どのようにケアをしていけば良いのか?

以上に2点について解説をしています。

妊娠による肉割れが治らない訳

妊娠による肉割れは内側の皮膚が切れて、その切れ目が肉割れ線・妊娠線として見えます。

最初は赤い色をしているのは炎症が原因で、3ヶ月もすれば正常な状態になり、白い肉割れ線が残ります。

皮膚の中でも表面にある表皮のような新しく日々作られる細胞ではなく、真皮まで切れています。そのため、この真皮の部分までは完全に元通りにすることはできません。

そのため、妊娠による肉割れは治らない症状となっています。

多くの人がクリームを使って肉割れのケアをする訳

妊娠による肉割れは治りはしないですが、多くの人がクリームを使って毎日ケアをしています。

その理由は治すのではなく、少しでも目立たなくする為です。

もともと妊娠による肉割れは時間がたてば少しづつ薄くなっていきます。高齢の女性の多くはほとんど消えたと言って良いほど、薄くなっている人も多いです。

ただ、昔と違って今は見た目が重要になってきているので、妊娠による肉割れがあるのは、異性だけでなく同棲も気にする人が多いです。

そのため、何年も待つこともできないので、少しでも早く目立たなくする為にクリームでケアをしています。

妊娠による肉割れを消したいのならクリームを使う人がほとんど

妊娠による肉割れができたら、ほとんどの人はクリームを使ってケアをしていきます。

普通の皮膚科ではなく、美容皮膚科での治療のみとなります。そして、健康保険を使うことはできません。

そのため、レーザーや炭酸ガスと言った方法もあるのですが、治療費が高額となってしまいます。

そのため、肉割れを消したい人はクリームを使っています。

肉割れクリームは消したい人向けのを使う

妊娠をすると予防としてクリームを使います。しかし、もしもできてしまったら、消したいのでクリームを使います。

どちらも肉割れクリームとして販売がされていますが、予防したい人だけではなく、消したい人向けのも販売がされています。

アフターケア用のクリームであれば、コラーゲン繊維の生成を促す成分やレジストリルなどの特徴的な成分が配合されています。

どんなクリームでも保湿をすることは肌の働きを高めるので、肉割れに効果がない訳ではありません。ただ、消したいのであれば、その目的にあったクリームを使うようにしましょう。

産後も肉割れはできるので注意が必要

肉割れは妊娠中のお腹の膨らんでくる時期に圧倒的にできやすいです。しかし、産後に関しても肉割れはできてしまいます。

産後まもなくは女性ホルモンのバランスも乱れたままとなり、運動不足などのことから脂肪が付いて太ってしまうことが多いです。

そのため、胸やお腹やお尻などの部位に肉割れができてしまうこともあります。

また、クリームでケアをする時は他の部位にも肉割れがないか確認をするのがおすすめです。私自身がそうだったのですが、お腹だけだと思っていたら、別の部分にも肉割れがあったのに、後で気づく人も多いです。

クリームでケアをする時は肉割れのある部分を確認して、使っていくようにしましょう。