妊娠による肉割れができる原因!男性で妊娠してなくも妊娠線はできる

妊娠すると妊娠線や肉割れ線と呼ばれる線ができます。

妊娠中期頃からでも出来る女性が多いですが、そもそも原因は妊娠ではありません。予防に成功する為には原因を与えないことが大切です。

そのため、男性であろうと妊娠線はできますし、妊娠してない女性でも同じことです。

あなたが妊娠による肉割れの予防をしていたり、妊娠してない男性で消したいと思っているのであれば、まずは原因を知ることが大切です。

男性でも妊娠線ができることを知らなかった人は正しい予防や消すケアをする為にもご覧ください。

妊娠による肉割れの原因はからだの変化

妊娠線や肉割れの原因はからだが変化をするタイミングであり、成長期の学生や妊娠をした女性に見られることが多いです。

日常生活で脂肪や筋肉が増加をしたりしますが、皮膚の成長は遅いのでその速度についていけないことがあります。

特に内側の皮膚は伸縮性もないので、ひっぱられてるのを耐えてる状態となり、そのうちに切れてしまいます。

この切れ目が最初は炎症をしているので、赤い線が肉眼で見えて妊娠線や肉割れ線の原因となっています。

男性も女性も妊娠していなくても肉割れの原因を与えればできる

たとえ男性であろうが妊娠をしていない女性であろうとも、脂肪や筋肉は日常生活の中で増加や減少をしています。

特に成長期の学生はよく食べて良く運動をするので、筋肉が付きやすいですし、脂肪が付くことも多いです。

また、20代に入り社会人になると、生活習慣のストレスや運動不足で太ってしまうことも多いです。

そのため、男性であろうと妊娠していないくても肉割れができる原因を与えてしまえば、内側の皮膚が切れて赤い線ができてしまいます。

妊娠していないと気づいたときは白い線であることが多いですが、この理由は炎症も収まって切れ目が透けて見えているからです。

共通する妊娠による肉割れの原因となるのが肌の乾燥

妊娠による肉割れはからだの変化だけではなく、肌が乾燥をすることでできやすいと原因となります。

妊娠時に肉割れができやすいのはお腹が膨らむのもそうですが、ホルモンバランスの乱れから、代謝や肌機能の低下で乾燥をしやすくなるからです。

肌の水分が失われてしまうことによって、もっちりした肌もカサカサとなっていき、弾力が失われていきます。

そのため、内側の皮膚も切れやすい状態となっているのですね。

その状態で肉割れの原因となる体系の変化が起きることによって、赤い線ができる原因となっています。

予防も消すもクリームでのケアだが原因の解消が必要

妊娠中の女性であれば、クリームで予防ケアをしたり、男性や妊娠してないのにできた女性は消す為にケアをします。

ただ、どちらも失敗をしてしまう人は多く、高級なクリームを使えば良いなんて簡単な話ではありません。

予防にしろ消すにしろクリームでケアをすることは必要ですが、それだけでは思ったような効果を感じれないことが多いです。

きちんと原因の部分の解消をしなければ、改善は見られないのは当然のことなのですね。

あなたが肉割れを予防したり消すのであれば、クリームでのケアだけではなく、原因の解消もするようにしてください。

クリームでのケアで補えない原因の部分が生活習慣

肌を保湿するのはクリームがその役割を行っていきます。

その他の部分となってくる原因の解消をしなければならないのが、生活習慣の部分です。

バランスの悪い食事・運動不足・ストレス・寝不足などによって、代謝が低下をしてしまうので、肌は乾燥をしやすくなるだけでなく、肌機能の低下を及ぼします。

妊娠が原因の人であれば、産後は少しづつ運動を始めたりしていくようにしましょう。男性や妊娠していない女性であれば、太る・筋肉の増加・乾燥のいづれかの原因があるはずです。

そのため、その部分の原因をダイエットをしたり、筋トレのペースを落としたりして、原因の解消をしていくようにしましょう。